2015032718231802.jpgブログ

一貴の雰囲気に異変!? WEC富士現地情報@1回目

2015年10月08日

無題

autosport本誌でもおなじみ、最近ではテストレポートやブログでも名前を露出しはじめている“変態メカ好きカメラマン”こと鈴木紳平カメラマン。そうです、今週末はそんなメカ好きの血が騒ぐ、WEC第6戦富士6時間! 早速、木曜日から現地入りし四輪変態カメラマンがWEC富士の様子をつぶさにレポートします。



☆  ☆  ☆  ☆  ☆

さぁ、今年もやってまいりましたWEC富士!

車検日の木曜は快晴。




我々も朝7時からサーキット入りして体制を整えます。

(広報のみなさま、朝早くからご対応ありがとうございます!)



ゲートをくぐりパドックへ上がって行くと、昨晩の強風の影響か、

アストン・マーティン・レーシングのタイヤテントが横転しています。

なかなか残念な光景ですが、テントはこの後、

チームによって建て直され、無事に機能しておりました。


さぁ、いよいよ車検場に1台目のアウディがやってまいりました!

車検委員のみなさまも、アウディのフロントセクションが気になるようです。

私的にはあれはショッカーの衣装に書いてある「あばら骨」と呼んでいます。


そのアウディがピットに戻るとタイヤ交換練習を開始です。

アウディチームは通常のタイヤ交換とは異なる最初に右側の2輪を交換し、

その後左前、最後に左後を交換するという新しい方法を試していました。

従来どおりの方法も試して比較もしていたようですが……

さて本番ではどちらをを選択するのでしょうか?

打倒ポルシェに燃えるアウディ陣営、ピット作業要注目です。




補足ですが、片側を連続して交換するということは、

クルマの停車位置が少しでもズレると大幅にタイムロスをするという事を意味します。

そのためか、ピットの停車位置にはF1のようなセンチ単位のシールが貼られていました。



そうこうしているとポルシェもタイヤ交換練習を始めます。

給油練習も一緒に行われますが、今、パドックで一番ホットな話題なのはポルシェの給油。

他陣営より約5秒早いと言われており、こちらも本番のピット作業に要注目です。

ただし、タイヤ交換はめっちゃ遅かったです。



こちらはトヨタ・レーシングの中嶋一貴選手

ピットロードでFIA WECの収録中のようですが、何やら普段と雰囲気が違います。



つけメガネ、つけヒゲでコメントを収録です。

普段クールでスタイリッシュな中嶋一貴選手。

私も撮影しながら爆笑です。

今回FIA WECが収録したコメントは12月にfia.comで公開予定とのこと。

この状態でどんなコメントが聞けるのか楽しみにしていて下さい。

きっとみなさんに素敵なプレゼントになるのではと思います。




今回のWEC富士はアジアンルマンも併催です。

LMP3は今回が初めてのレースになりますが、開幕戦の富士には3台がエントリー。

チームAAIが走らせ、柳田真孝選手もドライブするアデスLMP3はギリギリまで御殿場の工場で組み上げられ、夕方に搬入されました。

ちなみに、FIA WECは世界選手権ですので、シリーズと関係ないスポンサー看板はカバーがかけられ隠されてしまいます。

ですので今回はピット棟のエネゴリ君もいらっしゃらないことになっています。



そしていよいよ走行が開始

決勝日の天気は今のところ雨の予報

この雨が戦局に影響するのか?

富士スペシャルのエンジンを搭載しているというトヨタ・レーシングが4連覇するのか?

星野一義さんが見守る中(WEC富士の観戦は初めて)、愛弟子のブノワ・トレルイエが勝利するのか?

やっぱりポルシェが爆速で勝つのか?

木曜日だというのに、私のテンションはもうMAXです!



Text&Photo: Simpei Suzuki


プロフィール

オートスポーツ

オートスポーツ

隔週金曜日発売、国内唯一のモータースポーツ専門誌。オートスポーツ編集部から最新号の内容や取材日記をお届けします。

RSS2.0