2014052015054402.jpgブログ

雪やこんこ、大はしゃぎで駆け回る18歳/ドイツ特派員レポート

2016年01月18日

無題

各国の特派員による現地レポート、2016年の幕開けはレッドブル主催の“クレイジー”な雪上デモランの模様をドイツからお届けします。

○ ○ ○ ○ ○

シーズンオフで、まだまだ静寂に包まれているF1の世界。ドライバーたちはメディカルチェックやトレーニング、ときどきスポンサーイベントに参加する日々です。新年早々レッドブルは、オーストリアのアルプス・ハーネンカムで面白いイベントを開催しました。



1月14日にドイツとオーストリアの国境近くに位置するスキー場、キッツビューエルでマックス・フェルスタッペンによるF1マシンのショーランを敢行したのです。当初は前日に予定されていたのですが、11日から12日にかけて新雪がたくさん降ったためにコースの整備が間に合わず、14日に延期されるというドタバタも。雪上走行とはいえ、あまりにも大雪だと中止になってしまうわけですね……。



Photo: Robert Seiwert


使用された特設コースは標高1600m以上。ふだんはスラロームやスーパーGなどスキーの公式競技が開催されているゲレンデです。レッドブルの本拠地はオーストリア、たくさんの冬季スポーツに協賛している関係もあり、今年のオーストリアGPの宣伝も兼ねた、大胆な企画です。

さてF1マシンを、どうやって上まで持って行くのか? 山の中腹まではヘリコプターに吊るして、途中からはリフトに吊るして……吹雪でマシンがグラグラと動いたら、ヒヤヒヤもの。





さらに疑問は続きます。F1マシンが冬のアルプスを走行するためには、どんなタイヤを使用するのでしょうか? レースタイヤにチェーンを巻くのか特製スタッドレスなのか……など、あれこれ考えていたら、見たことのないF1用スパイクタイヤが登場。



そして本番では、なんとレインタイヤにチェーンを巻いて走行!! 普通のクルマの場合、雪道ではスタッドレスを履いていてもホイールスピンをしてしまうもの。果たして、F1マシンがアップダウンの激しい雪上コースで、どう立ち回るのか興味津々です。



Photo: Robert Seiwert


走行シーンを含む、 イベントの動画は、こちらから


18歳のマックスは昨年の夏に運転免許を取ったばかり。まだ雪道は運転したことがなく、F1マシンでの走行が生まれて初めての雪上ドライブに……初めてづくしの経験でしたが「めちゃくちゃエンジョイした!」と大はしゃぎでしたよ。





ご近所に住む元F1ドライバー、ゲルハルト・ベルガーとヘルムート・マルコ博士も来場して、マックスと並んでのトークショー。



マルコ博士は「F1マシンで雪山を走るのは快適とは言えませんが、機能的には問題ありません」と、まずは真顔で解説。「しかし、こんなことをしようとは誰も思いつきませんでしたよね。私自身、子供のころにF1マシンが雪道を走ったら……と空想したことはありましたけど」とレッドブルのクレイジーな発想にあきれつつも、楽しくてしょうがないといった笑顔に。ベルガーも「たくさんのファンが、こんなとてつもない経験を通して、モータースポーツの持つ力を肌で感じてくれたはず!」と、ご満悦。おそらく自分も走りたかったのでは、ないでしょうか。



Photo: Motorsport-Magazin.com


残念ながら、この日は「マックス専用」。それにしても、レッドブルの斬新なプロモーションには脱帽! このイベントを見るために、3500人ものファンがリフトで標高1600mまで登ってきたわけです。すばらしい眺めと前代未聞の雪上ドライブ、一見の価値は十分ありました。雪山で冷たいレッドブルは、ちょっと寒そうですが……。





○ ○ ○ ○ ○

池ノ内みどり(Midori Ikenouchi)
ドイツ・ミュンヘン在住。ヨーロッパでの生活は現在19年目。ドイツのレーシングチームで研修を受けたあと、ニュルブルクリンク24時間プロジェクトチームのコーディネーターなどを経て、モータースポーツ関連ライターとコーディネート業を行う。


プロフィール

F1速報

F1速報

「F1速報」はグランプリ後の木曜に発売。編集部ブログでは現場の雰囲気や小ネタ、各種告知などをお届けします。イベント、限定グッズ情報やウェブでの新企画もこちらでお知らせ。twitter:@F1Sokuho facebook:www.facebook.com/f1sokuho などSNSもフォローお願いします。

RSS2.0