最新ニュース

セパンでGT500の5台がテスト開始。#230がMI装着

2012.12.25

photo

©Allan Phang

フォトギャラリー


photo

©Allan Phang

フォトギャラリー


photo

©Allan Phang

フォトギャラリー


photo

©Allan Phang

フォトギャラリー


photo

©Allan Phang

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 12月24日から、マレーシアのセパン・サーキットでスーパーGT500クラスに参戦する5台のマシンがテストを開始した。

 今回のテストは24日のクリスマスイブからスタート。初日は午前はドライだったものの、午後からはウエットとなった。参加したのは5台で、レクサス陣営は38号車セルモ、19号車バンドウの2台が参加。こちらはカラーリングや装着タイヤ、ドライバーは2012年と変更はない。

 一方、ニッサン陣営は2台が参加。24号車KONDOは安田裕信に加え、ミハエル・クルムがステアリングを握る場面も。また、ニッサン開発車である230号車は、今年のニスモ23号車同様のカラーリングだが、ミシュランタイヤを装着。ドライバーは柳田真孝/ロニー・クインタレッリというミシュランには馴染みがあるドライバーだが、このカラーリングでの走行は新鮮なものとなった。

 また、ホンダからはダンロップ装着のEPSON HSV-010がテストに参加。ドライバー面では、道上龍に加え中嶋大祐が乗り込む場面も見られた。

 来季に向けたストーブリーグについても注目の今回のセパンテスト。25日は休息日となり、26日〜27日とテストが行われる予定だ。

(オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©Takashi Ogasawara

©Honda

©Honda

©Hiroyuki Minami

©Hiroyuki Minami

©Hiroyuki Minami


©Hiroyuki Minami

©Hiroyuki Minami

©auto sport

©JS-Style / ASweb / Toyota

©Toyota

©DTM


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

雪なしスウェディッシュ。オジエ中止を要請もFIA拒否(4)

12日開催。ホンダ体制発表会の注目ポイント(1)

SUNOCO Team LeMansのSFカラーリング公開(1)

GAINER AMG GT3が岡山でシェイクダウン。61周走破(1)

連載「FACES」第5回:ダニエル・リカルド(3)





ページの先頭へ