最新ニュース

セルモの1号車GT500、走行2日目はトラブルに

2013.12.26

photo

©Toshikazu Moriyama

フォトギャラリー


photo

©Toshikazu Moriyama

フォトギャラリー


photo

©Toshikazu Moriyama

フォトギャラリー


photo

©Toshikazu Moriyama

フォトギャラリー


他の写真も表示 全4枚最初の1枚

 12月25日から富士スピードウェイで行われているLEXUS TEAM ZENT CERUMOの2014年GT500車両のシェイクダウンは、26日に2日目のセッションが行われたが、午後のセッション途中でトラブルが発生しストップ。それでも、午前中には1分30秒906というタイムをマークしている。

 2014年から、スーパーGT500クラスではDTMドイツツーリングカー選手権と車両規定を統一化。レクサスはLF-CCをベースとした新型レース車両という名称で8月の鈴鹿でニューマシンをお披露目し、国内を中心に開発車の093号車がここまでテストを行ってきた。

 そんなレクサスの新GT500車両の“1号車”は、25日に富士スピードウェイでシェイクダウンを実施。26日は2日目のセッションが行われた。前日、振動の問題に悩まされた1号車は、2日目も振動はまだあったものの、ベストタイムは1分30秒906をマークした。ちなみに、11月のJAF Grand PrixでENEOS SUSTINA SC430がマークしたポールポジションタイムは1分30秒701だ。

 この日は午後から雨の予報も出ていたものの、幸いにして昼頃に少し降っただけで路面を濡らすには至らず。午後のセッションがスタートしてからは、立川に代わって平手晃平がステアリングを握った。30分ほど走行は続けられていたが、途中トラブルが発生しストップ。そのまま走行終了となってしまった。

 結局2日間のテストで、立川が午前中にマークした1分30秒906がベストタイムに。最高速は280km/hをマークしているという。

(オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©CAR GRAPHIC

©CAR GRAPHIC

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb


©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

バンドーン「ホンダのロゴ入りスーツを着られ嬉しい」(1)

バンドーン「ホンダのロゴ入りスーツを着られ嬉しい」(3)

バンドーン「ホンダのロゴ入りスーツを着られ嬉しい」(5)

2014 F1アブダビ合同テスト

バンドーン「ホンダのロゴ入りスーツを着られ嬉しい」(4)





ページの先頭へ